つくるひとサプリ

欲しいものは自分で作る。毎日に”やってみよう”をちょい足しする、メイカーズ女子のサプリメント的ブログ。

「頑張らなくていい」なんて言われても、頑張ることしかできなくて苦しいあなたへ。

      2016/01/18

娘が体調を崩してしまい、喘息発作で一週間入院になった。

これまでちょくちょく熱を出したりとかはあったけれど、喘息の症状が出たのは初めてだったので驚いた。

その日は旦那の方で面倒を見る担当日で、むこうの実家にお世話になっていたところ夜に調子が悪くなり、両親が夜間救急の病院に連れて行ってくれた。

 

病院に行った当初はかなり苦しそうだったみたいだけど、翌日様子を見に飛んで行ったら元気そうにしていて、症状も回復に向かっているようなので一安心。

 

ずっと夜中付き添ってくれた向こうの両親と代わって、一日病室で娘と一緒に過ごした。ここのところ本当にいろんなことに追われていて、こんなにゆっくり一緒にいたのは久しぶりだった。

生まれてから保育園に通い出すまで、四六時中一緒にいて、買い出しも散歩も仕事の打ち合わせも全部連れて行ってた頃を思い出す。

すくすくと元気に育ってくれていると思っていたけど、彼女も小さいなりに両親の変化を感じていて、どこかストレスを溜めていたり寂しかったりしたのかもしれない。ニコニコしながらべったりくっついて甘えてくる娘を見て、なんだか切なくて、申し訳なかった。

入っていた仕事の予定も、事情を説明して動かしてもらったり、もう少し待ってもらったりした。ただでさえ長いことお待たせしている方に、更に予定を変えてもらうのは心苦しいかった。申し訳ない。

旦那のほうのご両親の自宅近くの病院に入院になったので、お義父さんお義母さんも娘を気遣ってずっとそばにいてくれた。私たち夫婦がこんな状態なのも知っているのに、一切責めるようなこともなく、ただ見守って力になってくれる。ありがたい。だけど、やっぱり申し訳ない気持ちが強かった。

 

 

子供を産んでから、そういえばずっと「ごめんなさい」ばっかり言っている。

気付いたら、何をしていても罪悪感がつきまとうようになっていた。

 

 

仕事が忙しくて娘をひとりで遊ばせてたり、誰かに預けていると、ちゃんと構ってあげられなくてごめんね。

育児の為にスケジュール通りにいかない仕事に、待たせてしまっているお客さまに、ちゃんとできなくて、ごめんなさい。

ストレスに耐えきれずに夫に話しをしても、うまく伝わるように話ができなくて、感情をぶつけてしまう。ごめんなさい。

心配してくれる友達や、手伝ってくれる両親にまで、負担をかけているようで申し訳なかった。こんなに助けてくれる人がいるのに、私は何一つうまくできない。ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…。

 

 

そう言って毎日毎日罪悪感と闘いながら、もっとやらなきゃ、こんなんじゃダメだ、そうやって頑張り続けて、

 

あるとき、ぷつっ…と、頭の中の糸が切れた音がした。

 

 

もういいや。できなくて、いい。ダメで、いい。

 

 

「できない」と言うのが怖かった。ダメな奴だと思われるのが嫌だった。

いつだって、素敵で、輝いていて、誰かの力になれる余裕のある自分でいたかったのだ。

そんな理想の自分でいなければ、みんな離れて行ってしまうような気がしていた。

もっとできると思っていた。今がダメなだけで、本当の自分はこんなんじゃない。そう信じて頑張りたかった。

 

だけど、それは違った。

私の限界は、ここまで。本当の自分なんてどこにもいなくて、今ここで、「できない!」って泣きわめいている、情けない自分こそが、私なのだ。

 

頑張らなくなって、それで離れて行ってしまうような人や、仕事は、たぶんどうやったってつなぎ止めることはできない。そして、それをする意味もない。

 

言葉にしてみればよく言われていることで、今更気付いたの?と思われるかもしれない。だけど、「無理しなくていい」、なんて言葉は口で言うほどには自分で受け入れるのは簡単ではなかったりするんだよね。

 

だってできない自分を認めるのって、負けたみたいで悔しいでしょ?いままで、頑張ったら大抵のことはどうにかなってきた。もちろんどうにもならないことがあることだって、頭ではわかっているけど、それを認めざるを得ないくらい努力をしたって自分が思えないと、自分で自分を許せないから。

もう無理!っていうところまで、頑張ってみて、それでもダメなら諦めもつく。

 

私は、ぎりぎりまで張りつめていたその糸がぷちっと切れた今、とても楽になった。

 

きっと、結構頑張ったんだと思う。

そろそろ、もうちょっと自分を褒めてあげたい。

 

迷惑をかける人も、それによって離れて行く人も、いるのかもしれないけれど、その分力になってくれる人もたくさんいるのだから、大丈夫。

 

 

自分を苦しめているのは、もちろん娘でも夫でも両親でも周りの人でもなく、きっと自分自身の思い込みなんだろう。

 

でも、どうして”お母さん”がそうやって自分で自分へのハードルを上げてしまうのか。その気持ち、なってみるまではわからないものかもしれないけれど。

あなたや、わたしや、ひとりひとりの持っている「あたりまえ」の感覚。それが見えないプレッシャーとなって、社会に広がっている。それを少しずつ、見直していかないと、いけないんじゃないかな。

 

 

今現在、頑張っていて苦しい方へ。

「頑張らなくていい」なんてありきたりだし、そんなことわかっていてもできないから辛いんだ。それはすごく、よくわかる。

だからあえて言います。

自分で納得できるまで、限界まで頑張ってみて。

もう無理!ってとこまで、頑張って、自分で自分を許せたら、そのあと思いっきり自分を褒めて、周りの人に素直に頼れるようになると思う。そうなれるまで、もうちょっとだけ、頑張ってみてください。

 

もちろん身体を壊したり、精神を病んでしまったら戻ってくるのが大変だから、そうなる前にほどほどで、ちゃんと気付いて欲しい。できないのも、周りに迷惑をかけるのも、決してあなたのせいじゃない。それに、もしあなたのせいで多少の迷惑がかかったって、そんなのどうってことないことです。

 

図太く、強く、貪欲に、幸せになろう。

子供が幸せに育つことを願う気持ちと同じくらい、あたりまえにお母さんだって幸せになるべきなんだから。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで早をフォローしよう!

◆noteで日記も書いてます。面白かったらフォローしてね!

 note | 早《saki》

 - Child, Life

ad

ad

  関連記事

あってよかったベビー用品まとめ①産後すぐ〜1ヶ月

早いもので娘ももうすぐ5ヶ月に入ります。 ということでここまでに使ったベビーグッ …

【出産体験記】4/11 11:49 2500g女の子出産しました。

4/11 0:00 いつもとちょっと違うお腹の痛い感じ、最初から10分ちょっとの …

子供が「ママじゃなきゃダメ」になるのは、産まれてすぐの環境のせい

ママじゃないと、抱っこしてもまったく泣き止まない! そんな話を良く聞きます。 「 …

渋谷徒歩圏内に住んでみて思うこと。都心に住むのは、コスパがいい。

昨日の大雪で、都内は大混乱だった模様ですね。 私は昨日は家で作業をする日だったの …

“心のケア”としての整体がすごい!やる気がでない、なんだかモヤモヤする…それって身体が疲れてるのかも。

いまここ整体院という整体に行ってきました。 こちらはプロブロガー、イケダハヤトさ …

欲しいものは自分で作る、そう、”欲しい未来”だって。私が作りたいのはこんな未来。

ブログを書いていれば嫌でも気になる存在、それがプロブロガー、イケダハヤトさん。 …

クックパッドでどれを選べばいいかわからない人へ、実際に作った簡単本当においしいレシピ5選

レシピ検索サイト、クックパッド。たくさんレシピが見れてとっても便利ですが、有料会 …

『人生がときめく片付けの魔法』を読んで本の通りに片付けをした結果

  アトリエを自宅の一室から外に移すことになり、引越しの前に片付けをし …

都会暮らしのベビーカーは『軽い』『簡単』『コンパクト』なcombiがベスト!

ベビーカー、選んでますか?? いろいろあってわかりませんよね。私もわかりませんで …

「私にしかできない自分の仕事」を持つことは、愛に傷ついたあなたを救ってくれる。

別居してからのこの2ヶ月間、死ぬほど仕事をしていた。 ひとつの理由は育児と別居騒 …