つくるひとサプリ

欲しいものは自分で作る。毎日に”やってみよう”をちょい足しする、メイカーズ女子のサプリメント的ブログ。

自分が1番輝ける”天職”を見つけたいなら、理想の毎日を妄想することから始めよう。

      2016/01/18

987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s大学時代の同期と話してて、思ったことです。

彼女は卒業からずっと某大手証券会社の営業として働いていて、年収は同年代の中でもトップクラス。安定もしており社会的にも文句なく認められるような立場にいます。だけど最近、このままでは嫌だ!と思い転職をしようと準備しているそう。

あまりにも仕事が辛すぎて、他のことが何もできない。自分に合ってもいないし、どんなに努力してもここまでだとわかったから、もっと自分を活かせる仕事をしたい、とのこと。

最終的には自営業になりたい、と彼女は言っていて、一応自営業の先輩ということでいろいろ話を聞いていました。

 

そこで気づいたのは、みんな自営業って特殊能力を持った特別な人だけがやるもんだ、と思い込んでいるんだな、ということ。

そういえば自分も独立前は、自分が独立して一人で仕事をやっていけるなんて到底思えなかったなぁ。ってことをすっかり忘れていましたが思い出しました。

 

やれることも、やりたいことも具体的にない?そんなの全然問題なしです!

現在自営業としてフリーで働いている人にはきっと2種類いて、一つはもともとどうしてもやりたいこととか好きなことがあって、それを続けていたらうっかり仕事になったという人。

もう一つは、まずは独立して組織に属さず仕事をできるようになりたい!という目的が先にあって後から自分ができることを見つけていった人。

私は、どちらのパターンでも全く問題ないと思います。

でも、現在会社員をやっていて、ぼんやりと起業したいとか、フリーになりたい、とか考えている人は、何かしら具体的な能力ややりたいこと、つまり「稼げる何か」をすでに持っていないと独立なんてできない、って決めつけてしまっているのではないでしょうか。

理想の毎日をイメージしてみる。超自由な妄想で!

一度、仕事というところから離れて考えてみましょう。

あなたが本当に何のしがらみもなく自由だとして、理想的なあなたの過ごす毎日はどんなものですか?

毎朝決まった時間に目覚まし時計に起こされない毎日、

夕方18時には家にいて家族と過ごせる毎日、

決まった場所に通うのではなくいろんな場所に行っていろんな人に会う毎日、

などなど何でも構わないのですが、とにかく自分はこういう生活を送りたい!今の生活のここだけは嫌だ!とか、自分は人生でどんな時間を過ごしたら幸せをより多く感じられるか、を一度とことん考えてみてほしいと思います。

今、自分の働き方に満足していない、というのは収入とか仕事内容とか以前に、毎日やっていることの中にやりたくないことが多すぎるのではないでしょうか。それが全部やりたいこと、少なくとも嫌ではないこと、に変わったとしたら、あなたの毎日はどんなものになるでしょう?

いきなりやりたい仕事、とか独立して稼げる仕事、なんて考えても出てこないのは当たり前。

まずは妄想力豊かに、自分が一番満足いきそうな状態を想像してみてください。

 

理想の毎日を過ごすために、理想的な働き方はなんだろう?

私の場合は、独立前からかなり明確に、こういう毎日を送りたいというイメージがありました。

  • 毎日同じ時間、同じ場所に通うということを一切しない
  • スケジュールを自分の裁量で決めることができる
  • 朝、強制的に起きなくていい
  • 極力自分一人の力で仕事を最初から最後まで完結させ、人との打ち合わせや調整が最小限でいい

こうやって改めて書くとマジで社会不適合者ですね…。

まあとにかく、私は自分でスケジュールを決め、自分で仕事の内容を決め、自分で作業をこなして、自分の責任でそれを全うする。一言で言うと自由な生活が送りたかった。もちろんそれは自分の希望というのもありますが、何よりほんの少し中小企業で働いていた期間、店番的な役割の仕事が多くて、仕事があろうとなかろうとその場にずっといなきゃいけない、という無の時間を長時間過ごすのがほんっとうに耐えられなかった。その経験から、自分が最も価値を発揮出来る状態がそういう自由な中であるということがわかっていたからです。

自由な毎日を過ごすことが、自分が一番満足できて、結果的に一番パフォーマンスの高い仕事もできる、と思ったわけですね。当時23歳のペーペーのくせに我ながら生意気です。笑

そこから考えると、どうしても独立して自営業になる必要があったんです。

それも頻繁に打ち合わせなんかが必要なクライアントワークではなく、自分の作ったもののクオリティで勝負するクリエイター系の仕事をしなければなりません。そういう意味で、現在やっているドレス作りの仕事というのはドンピシャでした。

当時、私のドレス作りは同業と同じような価格設定で仕事として成立するようなものではまったくありませんでした。せいぜい友人から頼まれて、材料費だけをもらい趣味として製作していたくらいです。

それでも、これを仕事にしよう、と決めました。それが私の理想の毎日への近道だったから。

結局やるべきことなんて目的がはっきりしていれば自ずと見つかるし、スキルなんてやってるうちに後から付いてきます。というか、やらないことには永遠にスキルが磨かれることはありません。

最初はみんな、妄想でしかないのです。

決めの問題です。決めたらあとは、案外どうにかなりますよ。

 

どんな風に働きたいかを考えるのは、どんな風に生きたいか、を考えること。

ワークライフバランス、って最近呪文のように言われていますが、そもそもワークとライフが別々のもの、という発想自体、ちょっと過去のものなんじゃないかな、と思っています。

本来生きることと働くことは密接につながっていて、働いている間だって生きている貴重な時間の一部なわけで、きっちり分けられるものじゃないですよね?

好きなことを仕事にしたい!とかやりたいことで稼ぎたい!なんて思うのであればなおさら、働くこと=生きること、になって、なおかつそれが楽しく幸せ!という状態を目指すのが、一番ハッピーなのではないでしょうか。

お金を頂いてする「仕事」は、もちろんそれに見合う価値を提供できるように責任を果たさなければいけないのは、当然のこと。

ですが、お金を生まない活動を「仕事ではない」からと切り捨ててしまっては、すでに存在する仕事を消化する人にはなれても、自ら価値を生み仕事を創り出す人には決してなれません。日常の普通の活動と、お金をいただける仕事は、完全に分断された別の性質のものではなく、一つの繋がったライン上にあると私は思います。

あるところのレベルを超えると、それにお金を払ってもいいと思う人が現れて、それが仕事になるだけです。

いきなりその仕事になるレベルを目指さなければいけない、と思うから何もできなくなってしまう。まずは小さな活動を積み重ねて、たくさん種を蒔けば、その中から大きく育つものがきっと出てくるはず。

 

壮大なことなんてしなくていいんです。今夜、できること。次の週末、やってみたいこと。そういう小さいできることを毎日、毎週、毎年積み上げていけば、絶対にあなたにしかできない「仕事」が見えてきますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで早をフォローしよう!

◆noteで日記も書いてます。面白かったらフォローしてね!

 note | 早《saki》

 - Work

ad

ad

  関連記事

個人事業主としてフリーで働いた1年間でやったことと今思うこと

  昨年の6月半ばに会社を辞めて、気がつけば1年が経過していました。 …

情報は出し惜しみしない。全てをさらけ出しても、それでも残るものだけに価値がある。

仕事をする上で、自分の専門についての知識をどこまでオープンにするか?というのは意 …

別にプロに無償で仕事を頼んでもいいけど、当たり前にやってくれるとは思わないでねって話

  どうしてプロに無償で仕事依頼しちゃダメなのか – 原価のある、時間 …

ものづくりを仕事にしたいなら、とにかくあなたが欲しいものを作って発信するべし!

「ものづくり 仕事」という検索でこのブログに来てくれる人がちょこちょこいます。今 …

理解がない、時間がない、子育てしながら働くのがキツい。それなら会社、辞めちゃえば?

職場の理解がなく、子供のために早く帰るのが後ろめたい。 時間内にきちんと仕事して …

個人で「ものづくり」を仕事にするために必要なこと

「ものづくり」の仕事がしたい。そう考えている人、結構多いですよね。趣味で作ったも …

お仕事ブログ移転しました。アメブロから独自ブログにした4つの理由

2011年10月より、アメーバのブログを使ってダンスドレスの手作りの方法紹介と、 …

やりたいことがわからない?子供時代に夢中になったものにヒントがあるかもよ。

糸井重里さんの書籍『インターネット的』を読んでいます。 もともと佐渡島庸平さんの …

やらないと絶対損!言葉が主戦場でないクリエイターが、言葉を使えると強い。

最近ブログが楽しいです。 もともと文章を書くのが特別得意とか、好きとか言うわけで …

”お金のために気の進まない仕事をする”のがどうしてもできないのでもう辞めます。

これは昔からずっとなのだけど、お金がまったくと言っていいほど、働くモチベーション …